パリの街③ パリ・ベルヴィル地区 1997/12/17(水) 雨

つづき…

帰り道、スーパーを探しながら歩いていたんだ
そしたら、やけにスーパーがあるんだ

しかも、黒人が多いし
中華料理店も多いし
当然、中国人系も多いし

この辺ってこんなに外国人街だったっけって、思いながら歩いていたんだ
まぁいいかって思いスーパーで食料を買った
なんとなく、マドリッドより安いなって思ったのはオレだけだろうか

実際、エヴィアンが2フラン、約40円っていうのは驚いた
マドリッドでは約120円ぐらいするのに

スーパーで買えば安上がりだ
今日実感した

高いのはホテルと美術館関係ぐらいだな

まぁ、外食したら高くついちゃうけどね

とりあえず歩き続けた
遠いのはわかっていたけど、やたら遠い

そして、ついに行き止まりになってしまった

そこでオレは初めて地図を広げたよ
アレーって思った
全然違う方向へ歩いていた

なんだここはって思ったよ

そんで部屋に無事に到着したオレは道順の復習をしてみた

そしたらオレが迷い込んでしまった所、前にチェック入れておいたベルヴィル地区であった

ヘぇーって思った 
案外近いところなんだな

これからもちょくちょく行くかもしれないな
あれだけスーパーや果物やがあれば、住みやすいはな

オレもこれからお世話になろう

なぜなら、ベルヴィルは、パリで1番他民族が集まっている場所なのだから

さて明日も忙しそうだな

早く起きて行動するとしよう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

私は運の強い絵描きです。
3歳の時、大きな川に落ちましたが、無事生還しました。
そして転職を23回した面接のプロであり、たくさんの良い人たちに出会うことができました。
スペインでマドリードリアリズムを学び、十数年後、抽象画に目覚めた私は、これからも多くの人に癒しと幸運を与えられる絵画をお届けします。

I am a strong luck painter.
When I was 3 years old, I fell into a big river but survived.
And I am a professional interviewer who has changed jobs 23 times and met many good people.
After studying Madrid Realism in Spain, I discovered abstract painting more than ten years later, and will continue to deliver paintings that can bring healing and good fortune to many people.

目次