帰りのチケット オペラ・ガルニエへ 1997/12/18(木) 雨

また雨である

しかも今日は昨日よりも降っていたから、やもえず傘をさして歩くことにしたよ

なんてメンドクサインだ
まぁ仕方のないことだが

今日はなんと言っても帰りのチケットだって思い、オレはただただエールフランスのオフィスへと足を向けた

遠いってこと十分にわかっていたから、地下鉄を利用したよ 
当然10枚カルネで

地下鉄はマドリッドとさほど変わらないから楽勝だったな

さて、地下鉄は凱旋門の下へと到着した
そして、最後の日本人応対係への電話をしてみた

相変わらず話中
そして、オフィスへ

「日本語話せる人いますか」
やっぱり忙しいらしい

そして、伝言として紙にキャンセルを知らせる文を書いてエール・フランスオフィスを後にした

その後、オレが向かったのは日本航空のオフィス
やっぱこうなっちゃうのかな

でも、日本人がいなくても英語で買おうと思っていた

そして到着
ちょうどオレと一緒にJALの職員のおばさんがオフィスに入ってきた

さっそく交渉 
どうやら1月8日発のチケットが取れたようだ

でも、ここじゃ正規の料金、なんと20万円ちょっとになってしまうからって、格安チケットのオフィスを紹介してくれた

感謝!

そのオフィスがある、オペラ・ガルニエ周辺
いわゆる日本人街へと出向いたんだ

中は日本人ばっかり 
なんかホッとした

そして買った 
ついに帰国するんだ 
ついに帰れるんだ

なんてこと思わなかったけど、まぁホッとしたというのが現状かな

とりあえず、これで予定が立てられるし手紙も書ける

つづく…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

私は運の強い絵描きです。
3歳の時、大きな川に落ちましたが、無事生還しました。
そして転職を23回した面接のプロであり、たくさんの良い人たちに出会うことができました。
スペインでマドリードリアリズムを学び、十数年後、抽象画に目覚めた私は、これからも多くの人に癒しと幸運を与えられる絵画をお届けします。

I am a strong luck painter.
When I was 3 years old, I fell into a big river but survived.
And I am a professional interviewer who has changed jobs 23 times and met many good people.
After studying Madrid Realism in Spain, I discovered abstract painting more than ten years later, and will continue to deliver paintings that can bring healing and good fortune to many people.

目次